2016年09月21日

認知症になるとどうなる? 認知症の人が見ている世界を知ろう

Care Life Today(ケアライフトゥデイ) 9月号
(2016年08月24日発売) の目次


◆特集1◆ 認知症になるとどうなる? 認知症の人が見ている世界を知ろう

9 月は認知症を知る月間です。認知症になると物忘れ・置き忘れが多くなる、
物の名前が出てこない、以前まで興味があったことに関心が向かなくなる、
怒りっぽくなる、といった症状が出てきます。しかし、実際にそのような状
況になった時、認知症の人はどのように感じているのかまではなかなか理解
されていません。本特集では、認知症になるとどのように世の中が見えるの
か認知症当事者の方の話などを紹介するほか、周囲は当事者をどのように支
えられるのかを探ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆特集2◆ あなたの自宅は大丈夫? 非常災害時の安全確保策(在宅介護者編)

各地で地震や豪雨などの自然災害が頻発している昨今、要介護高齢者のいる
家庭にとっては、わが身とともに要介護者の身の安全をいかに守るかが大き
な課題となります。本特集では、要介護者を安全に避難させる方法や、室内
環境の整備、普段から備えておきたい防災用品など、災害対策のポイントを
紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ケアライフキッチン◆ 

健康もおいしさも意識した非常食アレンジ
『なんちゃってビビンバ粥』

9月1日は「防災の日」です。皆さんは防災の準備はされていますか?自然災害
はいつやってくるのか予測できないので、常に防災への意識を高めておく必要
があります。今回は、「非常食3Kレシピ」を紹介させていただきます。3Kと
は、食事・水分を兼ねた「粥」、保存性を兼ねた「乾物・缶詰」、災害時に後
回しになりがちな「健康」の頭文字からとっています。これから、災害時に備
えた食材の準備をする際には、「3K」を意識してみてはいかがでしょうか。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆介護の合間にホッとひといき◆

「いるだけで嬉しいんだよ」と伝えることを大事にしたい

インタビュー 大竹しのぶさん(女優)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪好評連載≫

■[連載]老後の“困った”に応えます『将来への不安を解消するために』

■[連載]我ら「在宅」サポーターズ!『Vol.9 舞昆のこうはら』

■今月の健康川柳/読者の声

■Care Life Selection(ケアライフセレクション)

■認知症でも幸せ シマちゃん 第74回

■おうちでロコモ体操 Vol.36

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪毎日くだもの200グラム≫ おいしいくだものを食べて、夏の疲れをリセット!

ケアライフトゥディを読んでアンケートに答えて応募するだけで
抽選で『なし3Kg』が5名様に当たります!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆次号予告◆ 2016年9月24日 発売
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆特集1◆
「がん」とともに
──がんサバイバーという生き方

◆特集2◆
それって誤解していない?
冷凍食品のウソホント
posted by helth at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

終末期の患者 ..... 自分らしい選択をするためのアドバイスをいただきました。

Care Life Today(ケアライフトゥデイ)
1月号 (2015年12月24日発売) の目次


ケアライフトゥデイ2016年1月号

◆ケアライフキッチン 家族一緒に食べられるおせち料理で新年を祝おう 『軟らか松風焼き』

お正月は家族と一緒に食事をする機会も多くなります。今回は噛む力が弱くなった方も、ご家族と一緒においしく召し上がれるおせち料理を紹介します。
山いもやお豆腐を加えたりすることで、見た目はそのままでも料理全体が軟らかく仕上がります。
-----------------------------------------------------------------------------

◆特集1 生きる@ 生きるために必要な「選ぶ」ことの意味を考えよう

加齢に伴い、身体機能が衰えたり健康状態が悪化して病気になるなど、医療・介護と密接に関わる生活を余儀なくされます。
そんな時に直面するのが、「自宅で最期まで過ごすか、施設に入居するか」など、生きていくためには避けられない重大な選択です。
終末期の患者に対応できる援助者を育成している小澤先生に、自分らしい選択をするためのアドバイスをいただきました。
-----------------------------------------------------------------------------

◆特集2 今、ここまで進んでいる! おむつのUp to Date

介護者にとって負担の大きい排泄ケアですが、近年はおむつやパンツなどの排泄をサポートするケアグッズが進化し、在宅でのケアもしやすくなっています。
今回は排泄ケアの悩みに適したおむつのポイントをご紹介します。
-----------------------------------------------------------------------------

≪好評連載≫

■[新連載]老後の“困った”に応えます 老後にいくら必要なのか、調べよう

■[連載]教えて、岡崎先生! 誌上法律相談所 妻と孫にそれぞれ財産を残すには何をすればよいでしょうか?

■[新連載]我ら「在宅」サポーターズ! Vol.1 D’s TETOTE

■今月の健康川柳/読者の声

■Care Life Selection(ケアライフセレクション)

■認知症でも幸せ シマちゃん 第66回

■おうちでロコモ体操 Vol.28 品がら体操

◆次号予告◆

◆特集1 生きるA “安全”であればすべてよし? 生きるためのリスクと向き合う

◆特集2 自分の身は自分で守る 医療と仲良く付き合うコツ
posted by helth at 14:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする